本文へスキップ

子どもたちと地球の未来のために 特定非営利活動法人(NPO)アース・エコ

活動報告ACTIVITY Report

10月例会・合同勉強会を開催しました

 10月14日(水) かながわ県民センター会議室で10月の理事会・例会・合同勉強会を開催し、会員など14名が出席しました。

10月理事会
 横浜市緑区白山地区センターのセンターまつりへの協力、および横浜市戸塚市内の小学校の出前授業に関連したフォローアップの実施が承認されました。また、マイナンバー制への対応について協議しました。

10月例会
 10~12月にかけて予定している学校出前授業など7件の活動について参加者の調整を行いました。また9月下旬から10月中旬に実施した4件の活動を振り返って課題や改善点などを話し合いました。

合同勉強会 (環境学習リーダー会エネルギー部会と合同開催)
  • 青色LEDと健康リスク
     青色LEDが人間の健康に及ぼす影響について調査した2名の会員から報告がありました。
     白色LEDは、青色LEDと黄色発光体を組み合わせる方法が一般的ですが、波長が短い光の方がエネルギーが大きいため、LED電球から出るブルーライトが網膜に与える影響が懸念されます。現在の知見の範囲では特に心配はないようですが、それでも気になる場合は、光源を直視しない、ブルーライトが少ない電球色のLED電球を使うなどの対策が有効のようです。
     また、ブルーライトは睡眠障害の原因になるとも言われていますが、これはLED電球に限る問題ではなく、テレビ、パソコン、スマホなどのバックライトにも白色LEDが使わるようになってきているため、特に就寝前にこれらの画面を長時間注視するのは避けた方が良いようです。
  • 太陽光発電所と環境破壊
     9月の合同勉強会で会員から提起された問題ですが、これに関連して調査した5名の会員から報告がありました。
太陽光発電所と環境破壊について報告する会員
アース・エコでは環境教育にボランティアとして参加いただける会員を募集中です。

特定非営利活動法人 アース・エコ

神奈川県横浜市を中心に
環境教育活動をしています
アース・エコ
サイト内検索
(協賛広告)    ホームページビルダー教室
横浜・川崎パソコン教室