本文へスキップ

子どもたちと地球の未来のために 特定非営利活動法人(NPO)アース・エコ

活動報告ACTIVITY Report

白山地区センターまつり

 10月23日(日)、横浜市緑区の白山地区センターで「白山地区センターまつり」が開催され、神奈川県地球温暖化対策推進員横浜地区連絡会議がブース出展しました。アース・エコは連絡会議に協力して出展機材を貸し出し、スタッフとして2名が参加しました。連絡会議からの参加は4名でした。
 出展したのは「手回し発電vs太陽光発電、電車の競走」の発電体験と、照明消費電力比較とドライヤー消費電力測定の2つの省エネ実験です。
 午前10時から午後3時までの開催でしたが、ブースに来場したのは近隣の子ども約120人と一般市民約50名。子どもたちは一所懸命手回し発電機を回して機関車トーマスの形をした模型の電車を走らせました。市民の方は白熱電球と電球型蛍光灯、LEDランプの消費電力を測定してその違いを実感したり、ドライヤーの消費電力を見てその多さに驚いたりしていました。
 今回は桜美林大学の大学生2名が見学に来ました。市民活動に関心を持ち、自分自身で活動を立ち上げることを目指しており、出展の様子を見て参考にしたいとのことでした。省エネ実験などの説明を一通り聞いた後、自分でも説明員になって来場者に説明してくれましたが、さすがに理解の速さ、正確さと堂々とした態度での説明は立派でした。
「電車の競走」で遊ぶ子どもたち 来場者に省エネを説明する大学生
アース・エコでは環境教育にボランティアとして参加いただける会員を募集中です。









特定非営利活動法人 アース・エコ

神奈川県横浜市を中心に
環境教育活動をしています
アース・エコ
サイト内検索
(協賛広告)    ホームページビルダー教室
横浜・川崎パソコン教室