本文へスキップ

子どもたちと地球の未来のために 特定非営利活動法人(NPO)アース・エコ

活動報告ACTIVITY Report

なるほど! 体験出前教室 鎌倉市内の小学校

 11月12日(月) 鎌倉市内の小学校で「なるほど!体験出前教室」の出前授業「身近な材料を使って電池を作る」を行いました。対象は科学クラブ所属の4〜6年生35名。
 子どもたちは、教室に入ると机に並ぶ電池の実験材料とレモンの香りに大喜びで、幸先良い。「電池教室」は通常2時間コースに対して、1時間の短縮コース。
 実験のはじめに、電圧V(ボルト)の名前の由来となった「ボルタの電池」のアレッサンドロ・ボルタさん、120年前に「世界で初めて乾電池を発明」した屋井先蔵さんを紹介。
 早速、実験開始。まず1.5V乾電池の電圧を測定したあと、「レモン電池」の実験。レモンに銅板とアルミ板を差して電圧計の針が振れるのを確認。0.4V程度の弱い発電なので電子オルゴールは鳴らない。神妙なスタート。そして、いよいよ「備長炭電池」の実験。塩水に浸した紙を備長炭に巻き、その上からアルミホイルを巻くだけで何と0.9Vと倍の電圧。オルゴールも鳴り、急に子どもたちもざわめき始めた。こうなると、あとは自由な発想と工夫による実験タイム。仲間同士で備長炭電池を繋いで、モーターのプロペラ回転、赤色や青色LEDの点灯、大きなオルゴール音に歓声がわき夢中状態に。
 あっという間の実験タイム終了。実験で使用した材料を大事に持ち帰りました。教室の講師・スタッフ9名には息つく間もない出前教室でしたが、楽しそうな子どもたちとの時間はなによりのエネルギーとなりました。
理科教室に集まった子どもたち 備長炭電池を直列に接続
アース・エコでは環境教育にボランティアとして参加いただける会員を募集中です。

特定非営利活動法人 アース・エコ

神奈川県横浜市を中心に
環境教育活動をしています
アース・エコ
サイト内検索