本文へスキップ

子どもたちと地球の未来のために 特定非営利活動法人(NPO)アース・エコ

活動報告ACTIVITY Report

藤が丘地区センターまつり

 11月18日(日) 横浜市青葉区の藤が丘地区センターで「センターまつり」が開催されました。フリーマーケットや模擬店もあって大勢の来場者で賑わいました。アース・エコも昨年に続き、電車の競走、省エネ実験や燃料電池自動車の実験などを出展しました。
 フリーマーケット会場は体育館のフロアで、体育館の中二階にあるミーティングルームがアース・エコに割り当てられたブースです。フリマ目当てに訪れた家族連れが、フリマ会場をひと回りして気に入った商品を手に入れたりした後、「機関車トーマス」の張り紙を見つけた子どもに引かれるようにアース・エコのブースを訪れます。
 子どもは皆手回し発電機が大好きです。「電車の競走」では機関車トーマスが走るのを面白がって飽きずに手回し発電機を回し続ける子どもがいます。省エネ実験では手回し発電機を回して電気の働きを学びます。模型の燃料電池自動車を走らせるための水素も手回し発電機の電気で水を電気分解して作ります。中には何のために回すのか理解できないまま手回し発電機を回す感触だけを楽しんでいるとしか思えない小さい子どももいます。子どもたちが遊んでいる間に一緒に来たお母さんに後ろから声をかけて節電の仕方を書いたパンフレットを手渡し、省エネの実践を呼びかけます。
 午前10時から午後3時までに100名程の子どもが来場し、節電のパンフレットも準備した50枚をほぼ配り終わることができました。多数のご来場ありがとうございました。
アース・エコのブースの来場者 お母さんに節電パンフレットを渡すスタッフ
アース・エコでは環境教育にボランティアとして参加いただける会員を募集中です。

特定非営利活動法人 アース・エコ

神奈川県横浜市を中心に
環境教育活動をしています
アース・エコ
サイト内検索