本文へスキップ

子どもたちと地球の未来のために 特定非営利活動法人(NPO)アース・エコ

活動報告ACTIVITY Report

11月理事会・例会・合同勉強会

 11月19日(月) かながわ県民センターで11月の理事会・例会・合同勉強会を開催し、会員など17名が出席しました。

11月理事会
  • 今年度のインターンシップ実習の受け入れについて協議し、大学生3名の受け入れを承認しました。
  • 2019年度通常総会の開催日時と関連する日程について協議し、開催日時を承認しました。
  • 神奈川県地球温暖化防止活動推進員の横須賀・三浦地区会議との連携について協議し、積極的に取り組む方針を承認しました。
11月例会
  • 日程が確定している11件の活動について実施内容の検討・確認と参加者の調整を行いました。
  • イベントでブース来場者人数(子ども)を把握するために飴を配布していますが、その是非と飴に代わる配布物がないか、意見を出し合いました。
合同勉強会 (環境学習リーダー会エネルギー部会と合同開催)
  • 家庭部門のCO2排出実態統計調査
    平成29年度に環境省が実施した「家庭部門のCO2排出実態統計調査」は、調査結果(速報値)の概要が今年9月に環境省から発表されましたが、その内容を検討した会員から分析した報告がありました。エネルギー消費量の傾向としては家庭部門もわずかに減少していますが、他の部門と比較すると家庭部門の減少率が少なく、世帯人数の減少にもかかわらず世帯数が増加していることが、家庭部門のエネルギー消費量が減らない原因ではないかと分析しています。
  • 新・旧冷蔵庫の消費電力比較
    既にメルマガNo.9-12号で報告しましたが、1999年製と2013年製の冷蔵庫について冬と夏の消費電力を調査した結果とについて、合同勉強会で報告する機会を逸していましたので、改めて報告しました。
  • 新元号
    来年5月から新元号に代わることになりましたが、これまでに使われた元号やそれに使用された漢字を分析した会員から発表がありました。また「元号法」で定められているルールについても説明があり、新元号を予想するコンテストの提案がありました。
家庭部門のCO2排出実態統計調査について発表する会員
アース・エコでは環境教育にボランティアとして参加いただける会員を募集中です。



特定非営利活動法人 アース・エコ

神奈川県横浜市を中心に
環境教育活動をしています
アース・エコ
サイト内検索