本文へスキップ

子どもたちと地球の未来のために 特定非営利活動法人(NPO)アース・エコ

活動報告ACTIVITY Report

クリスマス親子エコ工作教室 横浜市長津田地区センター

 12月8日(土) 横浜市緑区の長津田地区センターで冬のわんぱくホリデー「クリスマス親子エコ工作教室」を開催しました。参加したのは小学校2〜6年生15名とその保護者11名の計26名。当初小学生12名の予定で募集したところ15名から応募があり、急遽募集枠を拡大しました。講師・スタッフとして参加したのは、インターンシップの実習でアース・エコにボランティア活動の体験学習に来ている大学生2名を加えた9名でした。
 今回のプログラムも前週の藤が丘地区センターの工作教室と同じで、地球温暖化の学習、省エネ実験の体験の後に最後に工作という130分のプログラムでした。地球温暖化の学習は小学校低学年生には少し難しいため、今回も保護者の皆さんにも勉強してもらい、お家に帰ってからお子さんと復習してもらうようにお願いしました。省エネ実験は手回し発電で40W電球点灯、白熱電球とLEDランプの消費電力、テレビの省エネ、ドライヤー消費電力と待機電力の4種類の実験でした。クリスマスツリー工作は親子で力を合わせて取り組み、トラブルもなく予定の時間通りにどの組も完成できました。
 子どもたちも最後まで集中していましたが、保護者の皆さんが特に熱心に参加されていた印象があり、「地球温暖化や省エネが勉強になった。」とのご意見を多くいただきました。
 この教室も「よこはま夢ファンド」の助成金によって開催しました。
テレビの省エネ実験を見る 組み立てたクリスマスツリーを点灯
アース・エコでは環境教育にボランティアとして参加いただける会員を募集中です。



特定非営利活動法人 アース・エコ

神奈川県横浜市を中心に
環境教育活動をしています
アース・エコ
サイト内検索