本文へスキップ

子どもたちと地球の未来のために 特定非営利活動法人(NPO)アース・エコ

活動報告ACTIVITY Report

夏休みこども環境体験学習 大磯町美化センター

 大磯町では、毎年「夏休みこども教室」が幾つか計画、募集があり、その中の1教室として、去る8月10日(土)に、大磯町産業環境部環境課主催の「夏休みこども環境体験学習」にアース・エコが講師として参加、実施しました。タイトルは、太陽光発電を利用した「ソーラーオルゴールを作ろう!」です。会場は、新しく平成30年4月に開設された、大磯町郊外に位置するリサイクルセンター(美化センター内)で、参加児童は小学校1年生から6年生までの20名とその保護者でした。なんでも、応募開始から2日目で応募数に達したと聞いています。こちらは講師6名と環境課のスタッフの皆様と一緒に対応しました。
 プログラム内容は、地球温暖化の仕組みの説明、地球の平均気温の西暦2100年まで予測の温暖化シミュレーションの話に続き、実際の発電/消費(省エネ)ふれあい体験として、4つの実験(手回し発電、LEDと白熱電球の消費電力比較、ドライヤー消費電力測定、ソーラーパネルによる発電)に、保護者も参加して行いました。その後、これまでの振返りとして「11項目の省エネチェック」を行い、その中から、省エネ目標を決めました。これは、カードに記入して後でオルゴールの蓋に貼ります。小休憩を挟んで、いよいよ待望の「ソーラーオルゴール工作」に入りました。低学年は保護者やスタッフの助けをかりて、高学年は自分で、工作指導者のステップ毎の指示のもと、完成に向け努力し、そしてメロディーが奏でられた時は、皆、喜びに満ちていたように感じました。
 計画当初、低学年児童には、当学習内容は難しいのでは・・と思いましたが、学習後のアンケート集計結果から,概ね満足し、何かを感じ取って帰っていただいたと思います。
 会場に集まった参加者の皆さん  ドライヤーの消費電力測定
   
ソーラーオルゴール工作
アース・エコでは環境教育にボランティアとして参加いただける会員を募集中です。

特定非営利活動法人 アース・エコ

神奈川県横浜市を中心に
環境教育活動をしています
アース・エコ
サイト内検索