かながわ環境教室① 横浜市青葉区内の小学校

 6月17日(金)、横浜市青葉区内の小学校で6年生3クラス99名を対象に、かながわ環境教室「実験・ゲームで挑戦!地球温暖化防止」の出前授業を行いました。参加した講師・スタッフは6名です。
 アース・エコの学校出前授業としては今年度最初の授業です。この学校では2013年度に初めて出前授業を行って以来、感染症流行の影響で中止となった2020年度を除き毎年出前授業の依頼をいただいています。クラブ活動の支援を含めるとこれまでに延べ22日間授業を実施しており、今回は23日目でした。

 挨拶の後、今回はスライドを使ってアース・エコの活動を紹介しました。授業では、先ず「地球温暖化ってなんだろう?」と題する15分のビデオを見て地球温暖化について学習しました。グループに分かれて行う省エネ実験では、手回し発電機による発電体験、白熱電球とLEDランプの比較、ドライヤーの消費電力、テレビの消費電力の4つの実験を体験しました。続いてゲーム「暮らし方の違いさがし」に挑戦して家の中でどのような省エネができるかを学びました。その後、省エネチェックシートに記入して各自が取り組む省エネチャレンジ目標を決め、最後に今日の授業の感想文を書いて発表しました。1回90分の授業をクラス毎に3回繰り返しました。

 昨年度、感染症対策のために学校出前授業の内容を見直した結果プログラムが整理された気がします。特に今回は6年生が対象だったため授業の進行がスムーズで、予定した内容の授業を時間内に終わらせることができました。